2007年10月12日(金)〜14日(日)の3日間で行われた、「いきいき福祉 2007」の開催概要です。
 
<いきいき福祉2007 展示会概要>

<いきいき福祉 2007>
●開催日時:2007年10月12日(金)〜14日(日) 午前10時〜午後5時(最終日午後4時)
●主催:いきいき福祉2007実行委員会
●構成団体:北海道経済産業局、北海道、札幌市、社会福祉法人北海道社会福祉協議会、社会福祉法人札幌市社会福祉協議会、財団法人札幌産業流通振興協会、フジサンケイ ビジネスアイ、北海道新聞社

<同時開催: 健康な暮らしの街づくり 2007>
●開催日時:2007年10月12日(金)〜14日(日) 午前10時〜午後5時(最終日午後4時)
●主催:財団法人札幌産業流通振興協会
●後援:北海道経済産業局、北海道、札幌市、社会福祉法人北海道社会福祉協議会、社会福祉法人札幌市社会福祉協議会

 
<いきいき福祉2007 開催報告>

道内外より集まった約40社の出展者と、「生き方セミナー」や「住宅セミナー」など各種のステージイベントを中心に開催された「いきいき福祉2007」は、最新の福祉機器や介護情報などに来場者自ら参加する、体感型の展示会となりました。
このイベントは、国、地方自治体、公共関係団体、マスコミなどで実行委員会を構成・主催する、全国でも珍しい展示会です。これは、北海道に暮らす人々の「誰でも等しく、心身共に豊かな生活の実現」に向けて、福祉・健康に役立つ機器・用具・用品・設備・システム・サービス・施策などの展示紹介による情報発信と、利用者との交流を深めた福祉・健康の総合展として位置づけられています。今回は“人にやさしい明日の健康な暮らしのために”をテーマに、暮らしに役立つ情報を多岐にわたりご提供いたしました。
また、障がいのある方がご来場の際の介助サービスとして、バス乗降所や身体障がい者専用駐車場、会場内各所に専門知識を有する専門学校生を介助ボランティアとして配置し、さまざまな対応を行いました。
多くの「産・学・官」が相互連携のもと開催された会場内では、来場された方々が真剣な面持ちで説明などに耳を傾けている姿が随所で見受けられました。

会場の風景はコチラ → 

 
<健康な暮らしの街づくり2007 開催報告>

「4人に1人が高齢者」と言われるほど日本の高齢社会は急速に進み、日本を担ってきた団塊の世代の大量退職時代を迎え、人々は住み慣れた地域社会で安全・安心に暮らすことを求め始めました。これらに世代の要求に応えるため、福祉をコンセプトに行政及び行政関連機関が一体となったイベントが開催されました。
「安全・安心の街づくりコーナー」「簡単に作ろう介護用品! 体験広場」「元気・やる気 イージーフィットネス体験コーナー」などの各コーナーでは、来場された方々がそれぞれ真剣な眼差しで体験・体感されていました。また、2年後に開催を控えた「ねんりんピック北海道・札幌2009」の概要をパネル等で紹介すると共に、各地で開催された過去のねんりんピックの模様もビデオで紹介されました。

会場の風景はコチラ → 

 
2007年の出展者一覧へ
過去の開催報告TOPに戻る
TOPページに戻る